家康秘宝伝説静岡市は温暖な気候に育まれ、お茶・みかん・桜海老をはじめ農産物や海産物など食材の宝庫です。また、世界史上、例をみない二六五年という平和の基礎を築いた徳川家康公が、大御所時代を築いた地であることでも知られ、駿府城公園や国宝久能山東照宮などの史跡も多く、家康公が薨去されてから、平成二十七年には四百年を迎えます。静岡商工会議所では平成二十四年度より家康公が好んだ地域資源である「山葵」を使い、個性あふれる商品開発に取り組む事業所を応援するプロジェクトを立ち上げました。家康公が好んだ駿河の食材「山葵」は、食味だけでなく、山葵の葉が徳川家の御紋に似ていることから、天下一品・門外不出とまで言わしめた逸品です。ふじのくに静岡を代表する老舗二社がその山葵を使って、それぞれの特長を活かして作り上げた商品を、徳川の埋蔵金伝説に見立てたひとつの玉手箱の中におさめました。それぞれ異なる山葵の味わいを、家康公が愛した静岡産本山茶とともにお愉しみください。富士の山美しき駿河の里家康秘宝伝説ここにはじまる田丸屋本店わさび味噌、山葵餡郷土菓子処 秋月堂、山葵サブレ郷土菓子処 秋月堂田丸屋本店わさび味噌、山葵餡郷土菓子処 秋月堂、山葵サブレ郷土菓子処 秋月堂 田丸屋本店 徳川家康公が好んだ地域資源活用応援プロジェクト